日経テレコン AGS企業リスク格付 日経テレコン
金融機関のノウハウで企業を評価。
●信頼性の高い評価モデルで判定
金融機関の融資審査に使用されるスコアリングモデルを、長年にわたり開発してきたAGSが、
そのノウハウを活用。信頼性の高い評価モデルに基づき、格付判定を行っています。
※銀行が保有する非公開情報を格付に利用するものではありません。
●約90万社もの信用格付を提供
東京商工リサーチの企業情報・財務情報を元に、約98万社の倒産確率を算出し、9段階に
格付しています。大企業から中堅・中小企業まで、幅広い取引先の信用力評価に活用できます。
●激変する経済環境にすばやく対応
格付は毎月実施。また毎年、過去3年分の倒産実績をもとに、評価モデルの見直しも行っています。
経済環境や産業構造の変化にも迅速に対応。タイムリーな評価が可能です。
収録内容
会社名、住所、電話番号、TSRコード、業種(大中小分類)、AGS格付、倒産確率、業種内順位、
コメント、判定要因グラフ、業種別分布グラフ
サンプル画像
1.AGS格付と倒産確率
9段階の格付で、数字が大きいほどリスクが高いことを示します。最新の格付と、最大4回の変更履歴を表示します。また、12ヵ月以内の倒産確率を表示します。
2. 判定要因グラフ
格付判定を収益性、業績・規模、成長性などに分類したレーダーチャートで表示します。
3. 業界別分布グラフ
業種別に、9段階の格付に該当する企業数と、格付ごとの倒産発生率を表示します。